伊藤竜馬がウイルソンの展示会会場を訪問!!

2012.07 :: @ウイルソン新作展示会 ロンドン五輪出場を決めた伊藤竜馬が登場!


ウイルソン新作展示会毎年、7月は今年の秋以降に発売される新製品や、来年の春夏シーズンに向けた新作ウエアが発表される時期。この展示会には全国各地のショップからバイヤーが集まるのだが、今年は7月5日に行われたウイルソンの展示会にウィンブルドンから帰国したばかりの伊藤竜馬が登場した。伊藤はロンドン五輪に出場できるかどうか微妙なラインにいたのだが、ウィンブルドン期間中に『出場決定』という朗報が届いたばかり。これで、日本男子は、錦織 圭、伊藤竜馬、添田 豪の3人がロンド五輪に出場することになった。


伊藤竜馬この日、展示会場に現れた伊藤は、実際にロンドン五輪で着用するウエアで登場。ウエアは、日の丸をイメージし、ホワイトをベースにレッドを大胆に使ったデザイン。ロンドン五輪のテニス会場はウィンブルドンなのだが、ウィンブルドンで選手が色つきのウエアを着用するのは、今回が初の出来事。五輪のための特別ルールなので今後見ることができない可能性が高く、各国の代表選手がどのようなカラーウエアでウィンブルドンに現れるのかも、楽しみだ。

秋のおすすめウエアは快適にプレーできるトーナメントライン
グローバルライン伊藤竜馬をはじめウイルソンとウエア契約をしている選手がグランドスラムなどで着用するのは“グローバルモデル”というラインだが、そのグローバルモデル同様、本格的にテニスをする人向けで、日本の気候や日本人の体形を考慮して作られているのが“トーナメント”というライン。湿気の高い日本で快適にプレーできるよう様々な工夫が施されているので、学生やテニスクラブでプレーする方にオススメだ。その中で、今秋の注目モデルが、ゲームシャツ2種類とゲームパンツ、そしてウォームアップジャケット&パンツ。

トーナメントラインTシャツタイプとジップアップタイプの2種類があるゲームシャツは、吸汗速乾とUPF50+の機能を持つデライトメッシュという素材を使用。さらに、汗をかきやすいスエットゾーンである背中とワキの部分にメッシュを使用することでウエア内に適度な風を導き、快適にプレーできるような工夫がなされている。そして、腕や肩を大きく稼働させるテニスプレーヤーの動きを妨げないようなカッティングが施されているので(Xライン)、動きやすさも抜群。フロントにデザインされた4本線はグランドスラムをイメージしたものということを知れば、さらに試合へのモチベーションが高まるだろう。そして、このゲームシャツに合わせるゲームパンツは二重織クロスでストレッチ性が高いのが特徴だ。さらに、後ろにレザーカットのベンチレーション(通気口)を設けるデザインとなっていて、ウエア同様、熱がこもらず快適にプレーできる。組み合わせて着用すれば、お互いのデザインの良さがさらに高まりコートに映えること間違いない。

そして、少しずつ肌寒くなる秋に必要なのがウォームアップ。軽量で、糸に練り込まれた炭素系無機微粒子が太陽光を熱に変換し生地内部に熱を蓄える素材ヒートエナジーを使用しているので、温かいのが特徴だ。さらに汗をかきやすい背中部分は、レザーカットのベンチレーションが施されるなど、快適に動くことのできる心配りがされている。
ウイルソン新作展示会