Miss.Wのひとり言 Vol.11 (江 あき編)

2011.10 :: Miss.Wのひとり言 Vol.11 (江 あき編)

Q&A

QMiss.Wのひとり言 Vol.11 (江 あき編) イメージ出身地はどこですか?

A東京都です。でも中学生になる時期に千葉に引っ越しました。 今は千葉の柏と松戸の真ん中ぐらいに住んでいます。 家の周りはカフェがたくさんあるオシャレな街なので、休みの日はカフェで本を読んだり、友達とおしゃべりしたりしています。


Q家族は?

A父と母と私の3人家族です。小さい頃から海外や国内旅行へたくさん連れて行ってもらいました。家族でいった温泉旅行がとても印象的に残っていて、とても楽しかった記憶があります。父と母はとても仲が良く、ベランダで肩を寄せ合い月を見ながらワインを飲んでいたり、腕を組んだりします。 そんな両親を見ていて、私も父のようなパートナーを見つけたいと強く思います。
Miss.Wのひとり言 Vol.11 (江 あき編) イメージ父は私が中学の時から海外出張が多い為、今では2年に一度しか会う事ができません。でも、ネットで連絡を取り合ったり帰ってきた時にはみんなで食事に行ったりしています。

母はとても変わっていて、私が大学に入ると一人旅へ行く事が多くなりました。前もって計画するわけでもなく、思い立ったら行動するのが母です。気がついたら、2年間も海外から帰ってこなくて、スカイプ等で連絡をとったら「花粉症が嫌で、オーストラリアまで逃げてきた。オーストラリアは花粉が無くて住みやすいよ。」と言っていました。 そんな母が私は可愛く思えるし、大好きです。 私の旅行好きは母に似たのかもしれません。


Miss.Wのひとり言 Vol.11 (江 あき編) イメージ

Qどんな性格ですか?

A私は常に笑っています。
笑顔は自分も明るくなれるし、まわりの人も幸せな気持ちにさせると思います。尊敬している先輩がずっと笑っていて、それがとても素敵に思えました。
私もそんな笑顔の似合う女性になりたいと思い笑顔でいるように心がけていたら、最近顔が笑顔で固定されてきちゃいました。笑



Q幼い頃の習い事は何をしていましたか?

A音楽が昔から好きで、ピアノ、フルート、エレキギターなどの楽器をたくさん習いました。はまりやすいので、大学受験に支障がでると思いやめてしまいましたが今でも音楽を聴くことは好きです。
後は、中国語を母から教えてもらっていました。実は私はQuarterで、母は私に中国語を話せるように教えてくれました。
今では日本語と中国語はネイティブに話す事が出来ます。 

Miss.Wのひとり言 Vol.11 (江 あき編) イメージ

Q趣味は何ですか?

Aバックパッカーです。行き先だけ決めて、旅にでます。
ホテルの予約もガイドブックも持たずに海外に行きます。私は造られた観光地よりも自然の現実に入り込み、現地の人の生活を知りたいと思っています。
今までにインドに4カ月行ったり、トルコに4カ月行ったりニューヨークに2週間行ったりしました。 現地でインターンを見つけて、先生をしたり、一緒に遊んだりしています。
インドに行ったときに、スラム街の小学校に行きました。そこには3歳~15歳までの子供が一緒に勉強しています。英語の授業をする予定で入りましたが、みんな鬼ごっこをしたり走ったり授業にならない事が多々ありました。
Miss.Wのひとり言 Vol.11 (江 あき編) イメージそんな中で他の国から来ている人はただ見ているだけでしたが、私は皆に国際文化プロジェクトを企画提案しました。自分の母国の紹介をしたり、一緒に遊んだりします。日本の紹介は折り紙をしたり、民謡を歌ったり、忍者の話をしたりします。皆すごく興味を持ってくれて、大成功でした。インターンに行くと日本語、中国語、英語を教える代わりに、いろんなことを学べます。

Q好きな国はどこですか?

Miss.Wのひとり言 Vol.11 (江 あき編) イメージ

Aインドが大好きです。インドの人達はすごく適当なのですが、それ以上にすごく熱いのでギャップが話していて楽しいです。生きることにとても貪欲で、イメージとは全く違いました。毎日を必死で生きている彼らをみると私自身の悩みなんて吹っ飛んでいきます。

ストリートチルドレンがいる町に行った時、私を見つけると「マネー、マネー」と近寄ってきました。初め驚いた私はお金を渡してしまいましたが、お金を受け取った瞬間ダッシュで走っていく子供をみてすごく悲しい思いになりました。
Miss.Wのひとり言 Vol.11 (江 あき編) イメージ次に来たときに私はオーロラ折り紙を取り出しました。すると子供達は目を輝かせじっと見ていました。目の前で鶴を折り始め、最後羽を開く瞬間に子供達は目をクリックリにして、感動していました。
お金を渡した時は触れ合うことが無かったのですが、折り紙を出した瞬間子供たちが一列で私の前に並んでくれました。だれ一人、折り紙の鶴を捨てて「マネー」という子供はおらず、皆大事そうに持ち帰っていました。
彼らに必要なのは、お金より、食べ物よりも愛が必要なんだと思いました。
彼らのキラキラした目がとても大好きです。

Q休みの日は何をしていますか?

Miss.Wのひとり言 Vol.11 (江 あき編) イメージ

A中学からの大親友と会う機会が多いです。ふたりで何をするわけでもなく、ずっと話をしています。中学の時からダブルスのペアを組んでいてその時からずっと一緒にいます。ふたりでいると時間を忘れるくらい楽しくて、どこにでも一緒に行きます。パーティや食事会を企画するのが好きで皆を誘って開いたりもします。

Qサークルへ入ったきっかけは?

A中学からテニスを初めて高校ではテニスで有名な千葉県の澁谷幕張高校に入りました。高校では部長をしたりもしてテニスが大好きになりました。大学に入り尊敬していた先輩が入っていたサークルに入りました。ここのサークルにいる先輩達はとても素敵な人が多く、みんなキラキラしていました。私も是非ここのサークルに入ってみたいと思ったので入部を決めました。皆トークが面白くて全く飽きないのがこのサークルの良いところだと思います。


Miss.Wのひとり言 Vol.11 (江 あき編) イメージ

QMiss.Wになったきっかけは?

AMiss.Wの瀬戸山結衣さんに誘っていただきました。実はMiss.Wのコンテストがある事を締め切りの前日に知り、初めは応募する予定ではなかったのですが、瀬戸山さんが是非Miss.Wに応募してほしいと話してくれました。
瀬戸山さんからMiss.Wの話をいろいろ聞いているうちに興味を持ち、私もテニスを始めたときからWILSONを使用していたので応募したいと思い応募しました。
パーティの日、Miss.Wに選ばれた時は名前を呼ばれるとは思っていなかったので、ケーキをほおばりながら観ていたら、最後に私の名前を呼ばれたのですごく驚きました。でも綺麗な女性のなかに私も選ばれたのですごく幸せな気持ちになりました。


QMiss.Wになっていかがですか?

A撮影など今までに経験したことのない事ばかりですごく楽しいです。撮影当日は御化粧もプロの方にしていただいてウキウキしていましたが、カメラを前にすると緊張して笑うのが得意なはずなのに笑うことが難しいと感じました。
すごく貴重な経験をしました。これから卒業までにもっとたくさんWILSONの仕事がしたいです。