W-Teamのオフコート Vol.10 (高畑 寿弥 編)

2012.12 :: W-Teamのオフコート Vol.10 (高畑 寿弥 編)

今回紹介させて頂く選手は、全日本選手権のタイトルを獲得している高畑寿弥です。
高畑選手は相愛大学を卒業後、プロ転向以前には全日本学生テニス選手権大会においてシングルスで優勝している。2010年には福岡国際でダブルス優勝。翌年2011年にはユニバーシアード代表に選出され、出場したユニバーシアード深浅大会では、女子ダブルスで金メダルを獲得し、団体でも銀メダルを獲得している。更に2011年の全日本選手権では女子ダブルスで優勝を果たすという素晴らしい経歴の選手になります。女子選手には珍しく、積極的に前に出るプレーに驚かされると同時にボレーのタッチ、ポーチに飛び出すタイミングは、周りの選手とは桁違いだと感じる。 この戦績は一度プレーを見て頂ければ、一目で納得できるに違いない。今年は相手よりも故障と戦い続けた悔しい一年に終わってしまった高畑選手の来年からの更なる成長に期待をしたい。

W-Teamのオフコート Vol.10 (高畑 寿弥 編)

Qテニスを始めたきっかけは?

A漫画「エースを狙え」を見て始めたのが、きっかけです。


Q練習の拠点はどこですか?

A大阪の河内庭球倶楽部です。

W-Teamのオフコート Vol.10 (高畑 寿弥 編)

QWilsonにどのようなイメージがありますか?

Aテニスの「世界No.1ブランド」というイメージが強いです。

QWilsonのラケットにしたきっかけは?

Aラケットがとにかく打ちやすく、私にフィットしたからです。


QWilsonのラケットの好きなところは?

A打球時に打感がボヤケたりせず、伝えた力どおりに飛んでくれて、フレームがしっかりしているためボール負けしないところが好きです。

W-Teamのオフコート Vol.10 (高畑 寿弥 編)

Q現在使用しているストリングは? ポンド数は?

Aゴーセンのテックフレックスで、ポンド数は46オールです。


Qあなたのラケットへのこだわりはなんですか?

Aバランスポイントの位置です。


Qあなたがラケット選びに最も重要としているものは?

A打球感です!

W-Teamのオフコート Vol.10 (高畑 寿弥 編)

Qあなたにとってテニスとは何ですか?

A自分という人間を磨かせてもらうものであり、新しい目標や課題をくれるものだと思います。


Q日々練習に取り組む中で大切にしている言葉はありますか? 教えて下さい。

A苦悩や試練があることは、自分がそれまで頑張ってきて、さらに向上心がある証だということ。この言葉です。


Q試合中、調子が悪い時に立て直す為に意識することは何ですか?

Aそれがなぜなのかを考えて考えたことをやってみる。それでもダメなら1つのことにまずは集中する。

W-Teamのオフコート Vol.10 (高畑 寿弥 編)

Qもし、テニス選手ではなかったとしたら、どんな自分になっていたと思いますか?

A何か追求していくようなことをずっとしていたと思います。勉強なら勉強とか。あとは長い間サッカーをしていたので、サッカーをしていたかも!?? 笑


Qあなたのプレーの中で一番見てほしいところはどんなところですか?

A多彩なプレーとガッツです!!


Q練習のない日、オフの楽しみは何ですか?

A釣りが好きです!笑
あとは、普段会わない人と会うこと!とにかくアクティブに楽しみます! 笑

W-Teamのオフコート Vol.10 (高畑 寿弥 編)

Q好きな異性のタイプは? 芸能人で言うと誰ですか?

A楽しい人です。芸能人で言うと福山雅治さん、織田裕二さんです。


Q自分を動物に例えると? その理由は?

A黒豹です。(肌が黒いから笑)


Q今年、来年の目標を教えて下さい。

Aグランドスラムや世界大会で優勝すること。
もう一つはスポーツの良さを人に伝えられるアスリートになることです。